独立するからこその悩みと解決方法

フリーランスになると、会社員より社会的信用が低くなります。クレジットカードの審査に落ちたり、金融機関から融資を受けられなかったりするのです。しかし、フリーランスになる前にクレジットカードを作っておけば、フリーランスになった後でも使えます。フリーランスは収入が不安定になりやすいため、ローンは現実的に難しいでしょう。そのため、できるだけ借金をしなくて済む体制を整えることが大切です。また、収入がいつ途切れるかわからないので、多少の無理も時として必要になってきます。

フリーランスのエンジニアは、IT関係のスキルアップも欠かせません。人材不足で需要があるとはいえ、報酬額が高い仕事はどうしても奪い合いの世界です。それを知っていると、日進月歩のスキルに遅れをとるわけにはいかないでしょう。しかし、企業の研修のように勉強できる機会が保証されていないフリーランスにとっては、スキルアップが容易ではない悩みもあるのです。そうしたことから、フリーランス同士がオンラインでコンタクトを取り、情報交換して切磋琢磨するネットワークが広がってきています。

さらに、専門職のエンジニアにとって苦手な営業力も求められるでしょう。IT関係のスキルさえあれば、取引先を自由に選べるというわけではありません。仕事を提供してくれる企業と良好な関係を築くためにも、コンスタントに仕事を得るためにも、IT業界以外の領域で趣味や活動の範囲を広げると良いでしょう。